消防設備点検資格者の講習

消防設備点検資格者の1種・2種両方の講習を受講してきました。

講習科目・日程は以下の通りです。

%e6%b5%81%e6%98%9f

 

1種と2種も両方とも3日間の設備ごとの講習があり
最終日に修了試験という流れになります。
大阪で受講者が定員オーバーだったので
私が受講したのは奈良県文化会館でした。

chizu

近鉄奈良駅から徒歩5分ほどで到着します。

当日にある講習の受付時間は午前9時10分から9時30分
遅刻は厳禁で公共交通機関のトラブルでも講習は開始されるみたいです。

 

講習内容

syukai

1種と2種共、だいたい5、600ページぐらいあるテキストを
3日に分けて説明を受けますので授業もだいぶ駆け足で行われ講師から

「ここアンダーラインお願いします」

「ここ重要です

と言われたとこはほぼ100%試験に出題されます。

ですので

・付箋

・蛍光ペン

絶対に必要です(使っていない人いませんでした)

貼る付箋の枚数は128枚ほどになります。

*1時間ごとに10分の休憩があり、昼食時間は50分でした。
奈良県文化会館の周りは駅まで行かないとコンビニや飲食店はありませんので
休憩時間を多く取りたい方は弁当を持参するか
会館の1階のサロンで弁当が販売されてます。
けっこう参加者は利用してました。

c0p4zqquqaavv6n

 

修了試験

修了試験は最終日に行われます。
科目免除された人も全ての問題を受けます。
問題は「消防法令関係」、「技術基準関係」、「点検要領関係」に3分類して、
消防法令関係8問、技術基準関係12問及び点検要領関係12問の合計32問を出題し、
各分類ごとに50%以上で、かつ全体の問題数の70%以上正解した者が合格となります。

テキストの持ち込み可能ですが付箋を貼っていないと
試験時間は2時間ありますが確実に時間が足りませんので付箋はマストです。
終わったところから付箋を取っていくと探す手間が少し減るのでお勧めです

出題方式は

「~について誤っているのはどれか」

という出題がされます。

数字など言い回しが微妙に間違ってたりしますので要注意です。
また1時間経過したところで退出できますが、みんなけっこうギリギリまでいます。
合格通知はだいたい1か月後でそこから免許申請し3週間ほどで免許が届きます。
参考までに・・・